yellowmikan’s diary

yellowmikanの忘備録。Android・Windows・Linuxのアプリやゲームのレビューやセール情報を書いたり普通の日記を書いてたり。基本的には毎日更新してます。

中華・安物スマホを買うならAndroid Oneが絶対にオススメ!その理由とは。

XiaomiとかOppoとか、その辺のコスパ重視スマホを想定しています。

中華・安物スマホの宿命

中華・安物スマホあるある。スペック表に現れないソフト面での調整が手抜き。まあ、AppleとかGoogleとかSamsungなどの大手と同等のスペックを格安で提供するにはどこかを削る必要があるわけで、削られるのがサポートソフトの調整。人件費かかるからね。安く買ってるぶん、Apple Careのようなサポートは望めないし、OSのアップデートが一度も来ないスマホも少なくない。 だから安物のスマホを買う際は、Android One機をお勧めする。Android Oneというのは、Googleがソフトを開発する仕組みである。

Android Oneのいいところ

発売開始から2年間、毎月セキュリティパッチが配信される。

意外と大手でも毎月セキュリティパッチを配信しないところは多い。これ実はかなり危険で、セキュリティパッチが来ない端末は使わないほうがいい。Android Oneは、最新のセキュリティパッチを当てたアップデートを発売から2年間、毎月配信してくれる保証付きなので安心できる。

余計なソフトがほぼ入っていない、クリーンな素のOS。

ASUSスマホとか買うと、怪しいメモリクリーナーとかアンチウイルスソフトとかてんこ盛りで入っていてうざい。(Androidアンチウイルスソフトは無意味とGoogleが公式に言ってる) 余計なものが何もないきれいな状態で使い始めることができるのは大きな強み。

標準準拠だから、互換性の問題なし。

SamsungHuaweiスマホは、各社がカスタマイズしたOSを搭載しているので、そのカスタマイズが仇となりアプリが誤動作することがある。以前使っていたHuaweiスマホでは、裏のアプリが勝手に閉じられる問題が多発しいらいらした。Android OneはGoogleの標準そのもの。互換性の心配がない。

カスタマイズのオプションも豊富

標準の素のAndroid搭載なので、ルート化などいろいろ改造のノウハウもネット上に多く出回っている。カスタムROMなども多く出回る。

まとめ

安物スマホは、OSのメンテが雑。選ぶならAndroid Oneしかない!

2chのランキングコピペをまとめてみた

ブラック国家ランキング

殿堂入り ソマリア(無政府状態、リアル北斗の拳)
SSS シエラレオネ(平均寿命世界最低) コンゴ リベリア チベット・東トルキスタン(民族浄化中)
SS  スーダン(虐殺) パレスチナ イラク ハイチ  西サハラ
S   北朝鮮 南アフリカ レバノン アフガニスタン 東ティモール
―――――破綻国家の壁―――――
AAA コロンビア(ゲリラと政府軍に怯える日々) ジンバブエ トルクメニスタン(独裁、年金給付停止)
     ミャンマー コソボ
AA  シリア パキスタン 中国内陸部 ネパール
A   ボリビア ラオス インドネシア(イスラム過激派) モルドバ 北ソマリア  リビア
―――――政情不安の壁―――――
BBB ペルー エクアドル パラグアイ キューバ(貧しいけど、マターリ) フィリピン カンボジア イラン
    アルバニア ボスニア・ヘルツェゴビナ ボツワナ
BB  ベネズエラ サウジアラビア インド(エリート層はすごい) モンゴル ベラルーシ エジプト チュニジア
    モロッコ
B   ウルグアイ アルゼンチン コスタリカ(中米の優等生) ポルトガル 
    中国沿岸部 タイ ブラジル メキシコ(治安が悪い、貧富の差有り過ぎ) 
―――――準先進国の壁―――――
CCC ロシア(暗殺) チリ マレーシア マカオ 韓国
CC  アメリカ(治安が悪い、貧富の差) イスラエル(テロ)
 C   台湾 スペイン イタリア シンガポール 香港
―――――先進国の壁―――――
DDD ドイツ・フランス(失業率高い)
DD  日本 イギリス(階級社会) バチカン市国  サンマリノ モルジブ(懸念は自然災害) 
D+   カナダ オーストラリア スイス  UAE カタール バーレーン
D-   北欧諸国 ルクセンブルク モーリシャス
―――――楽園の壁―――――
E   ブルネイ(医療費・教育費無料、所得税無し、土地と住宅も提供される)  モナコ

趣味

SS スキューバダイビング 乗馬 船(クルーザー・ヨットなど)
S 草サッカー(フットサル含) ゴルフ スポーツジム テニス

A ランニング(マラソン) バスケ アクアリウム 写真(カメラ) キャンプ 能・狂言・歌舞伎鑑賞

B 旅行 寺社仏閣・城・世界遺産巡り 自転車 絵描き 廃墟巡り トレラン 茶道・華道 ヨガ 美術館巡り ミュージカル鑑賞 相撲観戦

C 登山 ロッククライミング 筋トレ 釣り 車・バイク 水泳 料理(お菓子含) 天体観測 バンド(楽器演奏含) 観葉植物 ポタリング 盆栽 園芸 ワイン ホームシアター

D プログラミング 鉄道 プラモ ダンス スケボ ペーパークラフト(折り紙) スポーツ観戦 バードウォッチング 美術鑑賞 ビリヤード オーディオ ゲーム 
  ダーツ 懸賞 ラジコン スキー 格闘技 英会話 手品 ライブ・コンサート 資格取得 コーヒー 貯金 草野球 アロマ・ハーブ DIY 電子工作 手芸 資産運用(株・FXなど)

E 囲碁・将棋 サバゲー 読書 切手収集 硬貨収集 カラオケ サーフィン スキー スノボ 消しゴム判子 ファッション 軍事 キノコ採集 深夜徘徊 
  漫画描き 画像動画編集 その他スポーツ グルメ ペット 書道 ディズニー 鉱物収集 腕時計 ジグソーパズル

F パチンコ 音楽・映画鑑賞 競馬競輪競艇 麻雀 2ch ニコニコ動画 散歩 ナイフ収集 自作PC 寝ること 風俗 TCG アマ無線 アイドルオタ コスプレ 
  ラーメン屋巡り 占い お笑い鑑賞 酒 SNS(ブログ含) 宝くじ

【Surface Go】Microsoftの日本法人は単純に馬鹿

今月はじめより米国およびカナダで発売が始まったSurface Go。日本版はOfficeがバンドルされるとはいえ価格が米国比で高すぎるため、おま国、おま値だと各地で炎上しているみたいです。本国ではメモリ 4GB/ eMMC 64GBモデルで$400、メモリ 8GB/ SSD 128GBモデルで$550と、キーボードが別売$100かかることを考慮してもかなりコスパの高い価格で売られています。対して日本価格は、安いほうが¥64,800、高いほうは¥82,800もします。さらにキーボードが¥15,400・・・。上位モデルは合計で10万を超えてしまいます。炎上も納得の価格f:id:yellowmikan:20180710133345j:plain そもそもMicrosoft全体で、クラウド化、製品のサービス化、サブスクリプション式のビジネスモデルへの移行などを推し進めているというのに、それに逆行するなぞのOfficeバンドルには首をかしげざるを得ません。Office 365を売りたいのにOfficeバンドルしてどうするの。日本の市場の特殊性は私も理解していますが、Office 365という商品を提供している以上、そっちを使ってくれている大事な顧客を裏切るような行為です。officeをバンドルしてほしい、という声があるのはわかるが、それならバンドル版と非バンドル版ふたつ用意すればいいだけの話。本社の方針に逆行し、お得意様を裏切る謎の馬鹿。あきれた。

Surface Go、すごく惹かれてたけど私はスルーします。この抱き合わせ商法はひどすぎる。不買です。EUとかだったら反トラスト法で締め上げられるんじゃないの?消費者を馬鹿にしすぎです。ただ、製品としてのSurface Goそのものの魅力は変わりません。素晴らしい小型機です。この発明により他社が触発され、小型Windows機の市場もまた盛り上がることでしょう。今後、AsusLenovoなど有力な大手が競合となる良品を発売してくれることに賭けます。

【プチ海外!途上国気分を味わえる】JAL国内線 機内Wi-fiサービスはどれほど早いのか?

JALの国内線では、無料でWi-fiによるインターネットサービスが提供されています。どこにいてもつながるのはありがたいですね。

今日はJALの国内線に乗る機会があったので、機内Wi-fiサービスの速度を測定してみました。いつもこういう速度測定にはOokla社のSpeedtest.netを使っているのですが、なぜかエラーで測定できなかったため、Google検索の速度測定機能を使用しています。

結果はこんな感じ。

f:id:yellowmikan:20180807112153p:plainf:id:yellowmikan:20180807112215p:plainf:id:yellowmikan:20180807112228p:plainf:id:yellowmikan:20180807112241p:plainf:id:yellowmikan:20180807112254p:plain
遅かったり不安定だったりします

「非常に低速」

らしいです。まあ雲の上なんで・・・。スマホの速度規制よりはマシといったレベルですね。YouTubeなどの動画サービスの使用は無謀。画像の多めのサイトも読み込みが遅くなります。ただ、つながるという事実はやはり非常に大きいので、無料でこういったサービスを提供してくれるのは大変ありがたいです。

Yahoo! Japanのスクリーンショット
テキスト多めのニュースサイトは見れなくもない

テキストベースのウェブサイトなどはさほどストレスも感じることなくブラウジングできます。Gmailも提供されている昔懐かしいHTMLモードに切り替えることでそれなりには利用できました。ただ、途切れたり操作が通らなかったりとあまり信頼はできないので仕事には使えないと思います。

結論

JALWi-fi、体感速度は速度規制下のスマホテザリングしたような感じです。それでも全く使えないよりは断然まし、すごくありがたいです。途上国とかいってすみません。JALさんありがとうございます。ブロードバンド化に期待!

GPD Pocket 2の販売が10月に決定、まもなくIndiegogoにて投資受付開始

私が愛用しているGPD Pocketの後継機、GPD Pocket 2の後継機が今年10月発売に決定しました。GPD WINとほぼ同じスペックだったGPD Pocket。Pocket 2の性能もほぼGPD WIN 2と同じ感じになりました。

f:id:yellowmikan:20180712125403j:plain

造りはGPD Pocketと同じくマグネシウム合金。GPD Pocketよりもさらに薄型化しています。ディスプレイは同7型の同じ解像度のものです。Pocketで好評だったThinkPad互換のスティック式ポインティングデバイスは廃止され、光学式のものが搭載されました。権利関係の問題なのか、筐体薄くするためなのか。これは賛否両論ありそうです。

f:id:yellowmikan:20180712125622j:plain

刷新されたCPU、性能は倍に

CPUにはCore m3-7Y30を搭載。第7世代Kaby Lakeのチップです。前機種のAtomからはグラフィックス・処理速度ともに二倍と、大幅に性能が向上しています。前機種に続きこちらもファンを用いたアクティブクーリングを採用。長時間の使用でも排熱は問題なさそうです。音が鬱陶しいときはファンをワンタッチで無効化することもできます。

賛否両論ありそうな変更点の数々

f:id:yellowmikan:20180712125523j:plain

キーボードはキーをガッツリ減らし、一つ一つのキーを大きくしうちやすさを向上させています。これが吉と出るか凶と出るか…。前モデルもあれはあれで慣れたらそこそこ使えましたもんね…。

メモリは4/8GB搭載。全モデルは8GBのみだったので、4GBモデルの登場は少し謎が残ります。

f:id:yellowmikan:20180712125548j:plain

ポート類は、Pocketにはついていたmicro HDMI端子が廃止され、代わりにmicroSDスロットとUSB Aポートが追加されました。USB-Aが2つついているのはかなり便利ですが、大画面への出力が若干面倒になりました(USB-Cから出す感じです)。もちろんイヤホンジャックは継続してついてます。

ストレージはeMMC 5.0の128GB。WIN 2がm.2のSSDを搭載していたことから、こちらもSSD化するかと思われましたが残念ながらこちらは据え置き。GPD社によると、SSDの搭載も検討したが消費電力が大きく、電池の持ちを優先するために搭載を見送った、とのことでした。同社によると、前機種Pocketと同じeMMC搭載ですがCore m3搭載による帯域の増加の影響で読み書きの実測値は向上しているそうです。また、microSDカードスロットもつくようになったのでストレージの増設ができるようになりました。

充電用のType CポートはPower Deliveryに対応。50%を30分で充電できます。多くのモバイルバッテリーでも充電ができることが売りです。

倍の性能、倍の価格!?

価格は、早期出資で569ドルから、小売価格は729ドルから。前モデルのほぼ倍です。こういったニッチなデバイスにここまでお金を出す人はあまり多くないのではないかと若干心配です。ポインティングスティック(いわゆる乳首)がなくなっているのも痛いところ。光学式のものでは精密な操作が難しかったりするので、否定的な意見も多く聞きます。

総評:私はスルーします!

私は今回はパスですね。GPD社の製品は電源が不安定だったり不安要素も多く、ここまで出資して購入する気は湧きません。所詮オタクのおもちゃだと私は思っているので。実用的に考えると、これを買うくらいならSurface Goをおすすめします。10型にはなりますが、マイクロソフトという大手のサポートがついているのは心強く、性能面・価格面ともにそこまでの差はありません。

興味のある方はこちらから、Indiegogoのページです。

Surface Go、明日から国内予約受付開始!LTEモデルも!

廉価版SurfaceSurface Goの国内発売日が8/28に決まりました。待ち遠しいです。予約のほうは明日から受け付けるそうです。 気になるお値段ですが、Windows 10 Home + Office Home & Business 2016の構成で64,800円から教育機関向けは47,800円からだそうです。最低構成の米国での定価が$399(7/11現在、44,376円相当)なので、オフィスがつくことを考えると、おま値(日本だけ高い価格設定)ではなく割と良心的なレートだと思います。

f:id:yellowmikan:20180710133345j:plain

CPUはCore mと同系列のPentium Gold 4415Y搭載。以前発売されていた廉価版SurfaceであるSurface 3にはAtomが載っていたことを考えると、これは大きなスペックアップです。

メモリ4GB/eMMC 64GBのモデルと、1万8千円追加のメモリ8GB/NVME SSD 128GBのモデルが用意されるようですが、私の個人的なお勧めは圧倒的に後者です。eMMCは遅いし、今どきスマホでも128GBモデルが出ている中、パソコンで64GBは少なすぎます。後者モデル+大容量microSDで増設が最強!

f:id:yellowmikan:20180710133126j:plain

キーボードも同時発売されますが、こちらは従来のSurface Proのものを流用することはできません。サイズが違うのでそこは仕方がないですね。一般向けには、手触りの良いAlcantara素材を使用したSignatureモデルが3色で展開され、法人向けにはシンプルな黒のものが販売されます。前者が15,400円、後者は11,800円とのこと。

Surface Penのほうは従来のSurface Proのものが流用でき、4096段階の筆圧検知および傾きの検知付き。

f:id:yellowmikan:20180710133409j:plain

個人的に一番のビッグニュースは、LTE搭載モデルの年内発売が発表されたことです。(事実上)前モデルのSurface 3にもLTEモデルがありましたが、LTEモデルは快適度が段違い。スマホからテザリングをするひと手間がないだけでだいぶ便利です。格安SIMと組み合わせて使うのがおすすめです。

露骨にiPadに対抗してきたSurface。個人的にiOSAndroidはただのスマホOSだと思っているので、「ホンモノ」のWindows搭載のタブレットが同価格帯で争ってくれるのは大変うれしく思います。続報が入り次第またお伝えします!